Press "Enter" to skip to content

旅行ガイドブックのおすすめ4選をご紹介! Posts

観光ガイドのおすすめを紹介!

beachboy
皆さんが旅行される時に、一番最初に必要とするものは観光ガイドではないでしょうか。旅先がどんな素晴らしい観光地であっても、その名所がわからなければ右往左往するだけで、おすすめがどの場所にあるのかも分かりません。そこで気になる旅行ガイドのおすすめを見て行きましょう。

■海外でのおすすめ観光ガイド

img_0294_s海外旅行ガイドブックは、日本語版か海外版がありますが、勿論読みやすいものに越した事はありません。しかし、言語が理解できるのであれば、現地語で書かれたものがおすすめです。海外の言葉や言語には、微妙なニュアンスがあり、日本語版だと直訳されて、全く違う意味の事が書かれていたりするので、現地語が理解できるのであれば、そちらを優先しましょう。またスタイル別に、大まかな観光地をざっくり紹介している総合ガイドブックや、有名どころだけをピックアップしたセレクトガイドブックに、観光地を羅列しただけの簡易型がありますので、この中から好みで選ぶ事になります。

■海外観光ガイドブックの選び方

2beach海外へお出かけの際には、その必需品としてマップとガイドブックが挙げられますが、そのおすすめは旅行先に何を求めるかで変わって来ます。たっぷり時間に余裕があれば、問題ありませんが旅行の場合だと滞在日数が限られている為に、前もって計画を立てながら観光地を回りましょう。その為のおすすめにまずはルート選びをして、その中で観光したい場所を選んでいくと、かなり効率の良い旅路が送れる事でしょう。そして、その旅行スケジュールに合わせたガイドブックを選び出す様にすれば、大きな失敗は無いでしょう。ルート選びの中には、必ず宿泊施設と飲食店などをいくつか選んでおきます。

■どんな観光ガイドがおすすめなのか

caboose海外での観光ガイドブック選びは、その旅行スケジュールを中心に選びます。おすすめは、総合ガイドブックと、セレクトガイドブックの二刀流でしょう。総合ガイドブックは大まかには書かれていますが、ページ数が多く情報量が多いのが特徴です。このガイドブックには観光情報以外にも、交通情報が掛かれている事が多いので、これを利用しながら進んで行きます。地図を見ながら確認していくと、大まかない場所も把握できるために、後々の思い出にも刻み付けられやすいので、地図を確認しながら観光を楽しみましょう。また、行った先の場所を番号などで書き込んでおき、思いついた事柄などを書き込んで行くと、良い思い出になる事でしょう。

■インターネットで観光ガイドが確認できるサイト

clouds03海外旅行を計画したなら、まずは観光スケジュールの作成をしましょう。そこから、必要なおすすめの観光ガイド全国各地の情報がGETできるかと思います。沢山のガイドサイトに埋もれてしまっては、いったいどこへ行けばいいのか混乱しますので、必ず行くところを中心にしましょう。
■国内の観光ガイドがチェック出来るサイトです。

るるぶ

img_0352_s

るるぶは国内の旅行ガイドブックのひとつで、国内版や海外版をリリースしている出版会社です。1984年に創刊されそれ以来現在まで多くのガイドブックをシリーズ化しており、その数は『ギネス世界記録』にまで認定されているほどです。

■旅行ガイド誌るるぶの概要

るるぶは旅行ガイド誌として、多くのガイドブックを発行して来ましたが、この名前の由来は当初、『見る』『着る』『遊ぶ』のひらがなをまとめる事で、キャッチコピーとして『るるぶ』と命名されましたが、着るよりも『食べる』の方がより自然だとして、『見る』『食べる』『遊ぶ』のひらがなをチョイスして、正式な『るるぶ』のネーミングの由来として、認識される様になりました。ガイドブックなどの雑誌だけではなく、電子書籍やニンテンドーDSiウェアとして、ポケットるるぶも発売されましたが、現在は全ソフトの配信を終了しています。

■るるぶの旅行ガイド

るるぶの旅行ガイドへの人気の高さは、このガイドブックのシリーズ化にあると言っても過言ではないでしょう。ガイドブックのシリーズは、大まかな地域別で分かれており一層わかりやすいものにしているのがその特徴です。北から北海道、東北、関東、中部、近畿、中国、四国、九州・沖縄とに分かれており、この中でも地域ごとに細分化され、『見る』『食べる』『遊ぶ』とカテゴリ別にその内容がわかりやすく解説されています。表紙にも、どの場所を紹介しているのかが一目でわかるように、大きなロゴを使っていますので、お年寄りにでもわかりやすいのが親切な所です。

■るるぶの電子書籍旅行ガイド

旅行へ行く際には、少しでも荷物を減らしておくのが、旅慣れたスペシャリストと言えるでしょう。旅行ガイドブックは必要ですが、かさばったり現地でいちいちカバンなどから出し入れするのも面倒なものです。そこで、るるぶの電子書籍ガイドブックがお役に立てるでしょう。この電子書籍化には、ガイドブックの情報がそのまま載せられており、自分の自由な情報をまとめる事の出来る『スクラップ機能』が付いています。また、行きたい場所などの『Myリスト機能』や、『るるぶ.com』と連携した口コミなどの閲覧も可能になっている優れものです。

るるぶの旅行ガイド誌は実績が古く、高い評価を得てきましたが、時代はモバイルの世の中になっており、これに対応せざるを得なくなっています。その点この電子書籍は利便性が高く、アイフォン、アイパッド、アンドロイドにも対応していますので、この動向は見逃せません。

地球の歩き方

海外旅行に行き時に必要なものは沢山ありますが、その中で特に必要なものの中に旅行ガイドとしてのガイドブックがあります。特に『地球の歩き方』は、海外旅行におけるバイブルとして国内でも最大のシェアを誇っている雑誌なのです。

■地球の歩き方の概要

『地球の歩き方』は世界を旅する為の旅行ガイドとして、1979年に創刊されました。この創刊以来、世界を紹介する海外旅行ガイドブックとして、100以上ものタイトルをリリースし続けているのです。創刊以前の従来のガイドブックでは、観光スポットに中心とした紹介が主で、それがそれまでのガイドブックのスタイルでもありました。ところが地球の歩き方では、個人での旅行者の利用を念頭に置くような構成で記事が掛かれ、『バックパッカー』と呼ばれる人たちに絶大な人気を誇り、バックパッカーの生の声を記事にするなど、人気の高さは現在でも続いています。

■旅行ガイド・地球の歩き方の特徴

海外の旅行ガイドブックである地球の歩き方は、1人旅でも安心した旅が送れる構成の記事になっています。日本で刊行されている事もあり、日本人が旅してもわかりやすい記事になっているので、海外旅行のバイブルとされてきました。特に交通手段や宿泊施設、レストラン情報からお土産情報まで、観光スポット以外にも目を向けられており、写真記事も多い事からその雰囲気もわかりやすいと好評でした。しかし現在ではバックパッカーも減少し、情報もインターネット上に溢れている為に、裕福な中高年をターゲットした内容に移っていると言われます。

■旅行ガイド・地球の歩き方の特派員

普通の市民を特派員とし、旅行ガイドブックに特派員となった方の旅行ブログを掲載しているもので、ボランティアと同じ様な活動内容になっています。ただし、その内容によっては有償のライターとして、活躍されている方もいます。ただ、あくまでフリー扱いですので、何かあっても地球の歩き方側が責任を負うようなことはありません。記事としては人気を保っていますが、内容の正否については問題も多く、全てを鵜呑みにするのは危険がありますので、思い込み記事にはご注意ください。

注意しなければいけない事もあり、地球の歩き方の旅行ガイドブックは、中国と台湾が色で区分けされているマップ構成の為に、中国旅行の際には拘束を受けて没収される危険があります。特に治安の悪い国では1人歩き自体が危険ですので、夜などには決して出歩かないようにしましょう。

ことりっぷ

ことりっぷとは、旅行ガイドを出版している会社で、『CoとTrip』で『小さなと旅』を意味しています。つまり、2泊3日のような小旅行でも楽しめるようなガイドブックの構成で、ちょっとしたお休みや気分直しの旅行などにもこのガイドブックが大いに役立つ訳です。

■ことりっぷの特徴

小旅行の旅行ガイドとして、刊行されていることりっぷですが、このモデルケースには、働く女性像をコンセプトにした構成内容になっています。旅行ガイドブックにしては、非常にコンパクトな作りになっていて、正方形に近い形をしており、小さなバッグに入れておいても、邪魔になりにくい大きさになっていますので、持ち運びやすい形状になっているのがその特徴です。表紙も女性が好みそうな和柄でもあり、今若い女性には評判のガイドブックです。国内版と海外版もあり、ほかの会社とも提携したコラボガイドブックもある、ユニークな出版社と言えるでしょう。

■ことりっぷ旅行ガイドの内容

ことりっぷの旅行ガイドブックは、女性向けという事もあり、その内容も女性が好みそうな記事内容になっています。例えば、おしゃれなレストランやカフェなども特集しており、写真を見れば一度は行きたくなるような場所を、多く取り扱っています。また女性はグルメにも関心が高く、そうしたグルメスポットも多く紹介し、その交通手段や行き方なども方向音痴が多いと言われる女性にも、特にわかりやすく説明しています。内容も見てすぐにわかるように、写真中心の構成で、本自体も和柄とお洒落な作りをしていますので、ついついシリーズで集めたくなる衝動に駆られるでしょう。

■ことりっぷ旅行ガイドの特殊なサービス

ことりっぷが、他の旅行ガイドと一線を画しているのがこのサービスで、この洒落なコンパクトサイズであるガイドブックのような、フォトブックの作成サービスが受けられる事にあります。これは自分で撮ったデジカメなどのデジタル写真を、フォトブックにして楽しめるもので、お洒落な外装はそのままに、中身は自分の写真で飾られた世界に一つだけの、ガイドブックを作る事ができます。きちんと製本してくれますので、ガイドブックというよりも、旅の記念といったところでしょうか。こんな乙女心をくすぐるところが、今話題のことりっぷたるゆえんでしょう。

ことりっぷの旅行ガイドブックは、他のガイドブックメーカーとは違った路線で切り込んでいます。またこれらのガイドブックだけではなく、会話帳なども発売されており、ある意味コレクションの対象にまでなっています。

まっぷる

まっぷるは、元々が地図作成の大手の出版社であり、多くの地図に関した出版物を出している『マップル』と同じ出版元で、旅行ガイドの部門をひらがなの『まっぷる』にしており、ガイドブックなどを主に出版しています。

■まっぷるの概要

まっぷる旅行ガイドブックは、地図製作のプロである出版社がもとにあり、その名称の由来はマップとアップルを掛け合わせた俗語です。アップルはリンゴの事で、そのリンゴのように新鮮な品質を目指してなずけられています。旅行ガイドブック出版は、はひらがな名での『まっぷる』で、その得意分野である地図作成力を生かして、幅広い人気を誇っています。まっぷるの創刊は1989年で、海外版や国内版を取り扱っており、そのノウハウを生かして電子書籍版も人気を博しています。

■まっぷるの海外旅行ガイド

まっぷるの海外旅行ガイドブックで一番の特徴と言えば、やはりこの地図作成力でしょう。見やすく見慣れたマップはとても評判が良く、特に現地の言語での会話集や交通情報などを、コンパクトにまとめた『街歩きMAP』にしており、これが簡単に取り外して使えますので、非常に便利な道案内としての機能により、使いやすさは上々のものであるとされています。また、基本の名所だけでなく、ロケ地の紹介や逃してはいけない評判のお店なども網羅しており、定型のガイドブックとはまた違った切れ味で、利用者を獲得していると言えるでしょう。

■電子書籍版の旅行ガイド

まっぷるは海外、国内ともに、旅行ガイドブックの電子書籍版を開発しており、その認知度もかなりの高さです。スマホ用には『まっぷるマガジン』があり、その機能性には定評があります。なんせ地図作成は実績があるのですから、それを活用した検索には目を見張るものがあります。国内のエリアは、そのほとんどを網羅している為に、旅行以外でも使いやすく内容も、ガイドブックと同じ情報を読む事ができます。このスマホ版の特徴の一つに、右上のリンゴのアイコンがありますが、これを押す事で『まっぷるモード』に早変わりで、ワンタッチでマップ画面に切り替える事ができます。

まっぷるの旅行ガイドブックもとても読みやすいものですが、電子書籍の便利さもかなりのものです。電子書籍の良いところは、まず本のようにかさばらない事と、その情報の素早さでしょう。便利な機能も沢山付いていますので、自由に使いこなす事で楽しい旅が期待できます。

観光地巡りは安いレンタカーで余裕を持った予約を

旅行ガイドを見ながら観光地を巡るにはレンタカーがおすすめです。安くレンタカーを利用すれば、旅費をかなり安く抑えることができます。しかし、安いがゆえに、予約が取りにくいという欠点もあります。上手く安いレンタカーを予約したいものです。

■安いレンタカーほど、予約が取りにくい

私は、夏の北海道観光(繁栄期)のために格安レンタカーを予約しようとしたところ、全く予約を取ることができなかったことがあります。仕方なく、人気のないレンタカー会社を利用したのですが、結果として「格安旅行」を実現させることはできませんでした。
観光地と呼ばれる場所は、レンタカーの需要があります。そして、安いレンタカーほど、人気があるため、早めに予約をしなければいけません。

■車種によっても、予約が取りにくいことがあるようです

レンタカーを利用するときに、車種の希望があるときも、予約が取りにくいことがあります。たくさんの車があるものですが、やはり車種はさまざまです。希望する車種が人気である場合、早く予約が埋まってしまうことが考えられるので注意が必要です。
 好きな車に乗って旅行をするのは、楽しいものですからね。ぜひ、予約を確実に行って、楽しい旅行を実現させてください。

■1ヶ月以上前から予約をしておきたい

多くの人は、旅行準備を1ヶ月程度前から始めます。「ホテル予約」「キップ購入」など旅行準備はさまざまとありますが、「レンタカー予約」も1ヶ月程度前から始める人が多いようです。
「1ヶ月を切るとどんどん予約が埋まってくる」と考えてください。人気のある観光地のレンタカーはあっという間に予約が埋まることもあり、とにかく「レンタカーを利用する」とわかった時点で予約をすることをお勧めします。

■観光地巡りは安いレンタカーで余裕を持った予約を

安いレンタカーは、それだけ人気があるため、すぐに予約が埋まってしまいます。人気の観光地や繁栄期にレンタカーを利用する場合は、特に早めの予約を心掛けるといいでしょう。また、人気車種もすぐに予約がまんたんになる傾向がありますので、早めに予約をしておきたいものです。
多くの人は、1ヶ月程度前から旅行準備を始めます。そのため、1ヶ月を切ると、どんどんレンタカーの予約は埋まっていってしまいます。確実に予約をしたい場合は、1ヶ月以上前から予約をするといいでしょう。

安いレンタカーは実際にどれくらいで利用できる?

レンタカーに馴染みがない人にとって、実際にどれくらい値段がかかるのかは不安なところです。レンタカーを予約する前に、きちんと値段の不安を消して、楽しい旅行を実現させましょう。

■利用日数で値段は変わってくる

レンタカーは、利用する日数で、値段が変わってきます。いくら安いレンタカーを利用したとしても、利用日数が多ければ、それなりの出費を覚悟しなければいけません。
利用をする前には、きちんと料金を確認しておくことが大切です。もしも、わからないことがあるのなら、電話をしてみるといいでしょう。また、時間に余裕がある場合は、メールなどでも問い合わせることができます。

■季節によって値段が変わることもある

料金一律のレンタカーが多いものですが、観光地などのレンタカー会社は、季節によって値段を変動させていることもあります。
観光客が多くなる季節になると、やはり値段は高く設定されるため、閑散期よりもお金がかかってしまうことは免れません。
時間に余裕があり、季節にこだわりがないのなら、閑散期を狙って旅行をすると安く抑えることができるでしょう。

■1日程度であれば、5,000円未満で利用できることもある

「1日だけレンタカーを利用する」という方もいるのではないでしょうか。1日程度の利用であれば、5,000円未満に抑えることができます。
私が今まで見た中では、約3,000円という値段を見たことがあります(記憶が定かではありませんが)。大勢で利用して割り勘をすれば、かなり安く抑えることができますからね。
ちなみに、1泊2日程度の利用であっても、10,000円未満に抑えられることが大半です。泊まりの旅行でも、かなり安く抑えることができるでしょう。ホテルで駐車場が使えるかの確認はしておきましょうね。

■安いレンタカーは実際にどれくらいで利用できる?

レンタカーは、利用する日数によって、値段が変わってきます。レンタカーを長期間利用する場合は、それなりの出費が予想されるので注意が必要です。
季節によって値段が変わることもあり、繁栄期は高くなる傾向があります。安く抑えたい場合は、閑散期に行くといいですよ。
安ければ1日5,000円未満でも借りられるレンタカー。上手く活用して、充実した旅行を実現させてください。

観光地をレンタカーで巡る時の注意点

レンタカーの利用に慣れていないと、何かと不安が大きくなるものです。私がレンタカーを利用するうえで、特に注意していることは、駐車場についてです。また、知らない土地で運転するわけですから、初心の気持ちを忘れてはいけないでしょう。

■駐車場が厄介です

多くの観光スポットは、駐車場が整備されています。しかし、ある程度の都市部のマイナーな美術館などですと、駐車場がない場合もあります。また、駐車場があっても少なく、車を止めるのにとても不便なスポットもあります。観光スポットを巡るうえでは、駐車場を利用できるのかを確認しておきましょう。 
また、まれに駐車場料金が高い観光スポットもあり、電車移動をしたほうが安い場合もあるので、きちんと計画を立てていきたいものです。

■知らない土地の運転はパニックになりやすい

都道府県や市町村によって、道路の作りが違うものです。「ここは大通りだから60km/hまで出せるな」と運転をしていたら、「制限速度40km/h」という道であったという状況などはよくあります。
居住地でしか運転をしないような生活を送っている場合は、旅行先での運転は特に注意して行いましょう。
「都市の道に慣れていない」「山道に慣れていない」など不安要素がある場合は、ゆっくり運転が原則ですよ。

■ホテルには駐車場がありますか?

ある程度の都市部のホテルの場合、駐車場の数が限られていることがあります。「ホテルには駐車場がある」という認識でいて、実際には駐車場が埋まっていた場合、コインパーキングなどに止めることになってしまいます。
また、ホテルのちゅうしゃじょうを利用する場合に、料金がかかってしまうことがあります。お金の出費にシビアな方は、レンタカーを利用することで生じるかもしれない出費についても、考えておく必要があるでしょう。

■観光地をレンタカーで巡る時の注意点

レンタカーで観光するうえでは、駐車場の注意が必要になってきます。観光スポットやホテルに駐車場がなければ、止めることができません。駐車場料金なども把握しておくことで、安心した旅行をすることができます。
また、知らない土地での運転は、パニックに陥りやすいものです。土地によって、道路事情なども変わってくるので、特に安全運転を心掛けてください。

ドライブ旅行を楽しむ心得

「ドライブ旅行」はとても楽しいものです。しかし、「いかにドライブ旅行を堪能するか」ということを考えると、より楽しむことができるのではないでしょうか。
せっかくドライブ旅行をするのですから、一生思い出に残るような旅行を実現させたいものです。 

■車でしか行けないようなところに行ってみたい

せっかく車で移動をするのですから、「車でしか行けない観光スポット」に行ってみてください。特に、「大自然」と呼ばれるような場所へは、車でしか行けないことが多いはずです。
やはり、その土地の自然を堪能するというのは、旅行の醍醐味と言うことができます。そんな旅行の醍醐味を経験すれば、一生の財産になるはずです。急な山道に慣れていない人は、注意して運転しましょうね。

■運転の時間を楽しもう

「車の運転」を単なる移動手段だと考えるのなら、勿体ないことなのではないでしょうか。旅先を車で運転するという行為は、とても貴重な時間だと考えることができます。
 今後、いつ再び運転をするかわかりません。もしかしたら、今運転している道は、今後一生運転しないことになるかもしれません。旅行は1秒1秒が貴重な時間なのです。
「旅行=貴重な時間」と考えることができれば、一生の思い出に残る出来事にできるはずです。

■計画はきちんと立てておこう

はっきり言うと、旅行の計画が崩れても、ぜんぜん問題ありません。計画はあくまでも計画であり、当日はまた新たな欲望が生まれるものです。
しかし、事前計画は立てておくことをお勧めします。例えば、私が大好きな、京都の八坂神社。「ガイドブックに載っていたから」という理由で行くのもいいのですが、「八坂神社は何なのか」ということを理解して訪れたほうが楽しめるはずです。ガイドブックの紹介文でもいいので、読んでから訪れたいものです。

■ドライブ旅行を楽しむ心得

せっかくドライブ旅行をするのですから、車でしか行けないような観光スポットに行きたいものです。大自然を堪能できる場所など、電車では決して行けないスポットに行ってこそ、ドライブ旅行と言えるでしょう。
また、せっかく車を運転するのですから、運転時間も楽しんでください。今運転している道は、今後いつ運転できるかわかりませんよ。

観光地では安全運転を心掛けましょう

ドライブ旅行を楽しむのは大切ですが、それと同時に、危険と隣り合わせであることを理解しておかなければいけません。
知らない土地を運転するということは、それだけリスクを負うということなのです。きちんと安全運転を心掛けないと、楽しいはずの旅行が台無しになりかねません。

■慣れない道は注意しましょう

都市部に居住している人は、やはり都市部の道路に慣れているのではないでしょうか。そんな人が、急な山道を運転するのは不安なものです。そのため、ゆっくりと安全運転を心掛ける必要があります。
また、特に危ないのが雪道です。普段雪道に慣れていない人が雪道を運転する場合、かなり事故のリスクを負わなければいけません。慣れないような環境での運転には、注意して安全運転がだいじ。

■制限速度に注意しよう

同じような道幅でも、地区によっては制限速度が変わってきます。都市部であれば40km/h出せるような道だとしても、田舎では20km/hしか出せないことがあります。
旅行において車を運転する場合は、道路標識などをいつも以上に吟味することが大切です。
また、田舎は意外と一方通行が少ないものです。それゆえに、狭い道で行き交う状況によくなってしまいます。旅行において車を運転する場合には、冷静さも大切になってくることでしょう。

■夜道に注意しよう

都市部であれば、夜でも街灯に照らされます。住宅街のような細い道でも、それなりの明るさがあることでしょう。しかし、田舎道ですと、街灯ひとつないこともあります。とても危ないように感じられますが、それが常識なのです。そのため、運転者が注意をしないと、事故にあってしまう可能性があります。
旅行ドライバーは事故を防ぐうえで、一番注意したいのが夜道ですね。夜に運転をする場合は、気をつけて運転をしたいものです。

■観光地では安全運転を心掛けましょう

ドライブ旅行をするということは、慣れない道を走行するということです。慣れない道は事故があるとたいへんなので、注意して運転したいものです。また、制限速度も予想以上に遅く設定されていることがあるので、きちんと確認する癖をつけるべきでしょう。
田舎の夜道は街灯ひとつと無い場合が多く、とても危険です。田舎の夜道を運転する場合は、最善の注意を払いましょう。